トヨタ・プリウス東京ダイアリー,見積もり・買い取り情報

東京都内で乗るプリウス50系の口コミ、買い取り情報

納車3日目でプリウス50系のクールグレーの内装で気がついたこと

f:id:shiroganesweets:20170615083526j:plain

 

50系のプリウス、まだ納車3日目ですが少し慣れるために東北道を走ってきました。東京圏内から片道60km程ですので、レーザークルーズコントロールとか、ナビの調整とかを実際に使いながら行いました。

 

 

項目によってはメニューの深く入っていたり、HUD(ヘッドアップディスプレー) 調整メニューが分かりにくかったりしましたが、どうにか調整することが出来ました。

今回は私が選んだ内装色、クールグレーに関して気がついたことをメモしてみました。

 

プリウスの内装は、通常のブラックとクールグレーの2種類ですが、都内で見かける殆どのプリウスは黒の内装が多いようです。

私はどちらかというとツートンカラーの内装が好きだったのと、その他のプリウスとの差別化をしたかったので、クールグレーを選びました。

この内装、クールグレーという名前は付いていますが、実際は真っ白で特に弾性のある合成樹脂で出来ているダッシュボートは眩しいくらいの白ですのでその辺りの内装の印象を書いて行きます。

 

ちなみに私のプリウスのグレードはA プレミアムというグレードになりますので、革シート、革巻きのステアリングになります

f:id:shiroganesweets:20170615083522j:plain

私もクールグレーの内装にする時には実際に販売店に見に行ったり、ネット上のインプレッションなどを呼んで決めたのですが、ダッシュボードが白いとフロントシールドに反射して映り込みで見にくくなるとの意見がありましたが、それはあまり感じませんでした

特にガラスに近いところは黒い色になっていますのでその辺りは考えて作ってある様子です。

 

しかし、このダッシュボード、見たことのないくらい本当に真っ白ですので、一年で1番明るい6月の日差しを浴びると反射した光が直接目に入り少しまぶしいかったのは事実です。

50台の私の目の調整能力には少しキツかったかも。。。

実はシートもホワイトなのですが、いかんせん革製品ですので完全に真っ白にはなりませんので、白でも随分トーンが違い、余計ダッシュボードの白が目立ちます。

 

クールグレー(殆ど真っ白)は悪くないと思いますが、ダッシュボートはオフホワイトか、革シートくらいの白でも良かったのかも。。。その内汚れてくれば調整されるのかも知れませんが。。(^_^)

f:id:shiroganesweets:20170615083517j:plain

でもこのシートは良い感じですね!この前路上で見かけた、ボルボの白と黒の革シートのデザイン的には少し負けていますが、決して悪くないと思います。

 

シートの形状ですが、プリウスという乗用車ですのでサイドサポートはあまりありませんのでスポーツドライブには向きませんが、プリウスならこのあたりで良いと思います。私の体重があるせいかシートは柔らかめに感じました。

 

↓随分通気性には気を遣っているようです。

f:id:shiroganesweets:20170615083509j:plain

私のプリウスの購入動機は、毎日車を通勤と仕事で利用するので燃費も良い方が良いな~くらい位しか考えていなかったので、航続距離でメンテにお金のかからない車が欲しかったのが、プリウス購入の理由ですので、エコ運転はするつもりは全くなく、以前のガソリン車と同じくバンバンアクセルを踏んでおります。

それでも23.7km/L とは流石プリウスですね!

 

でも、シートの座面汚れはどうにかしないとと思っていますので、次回までに対策を致します。

 

6月末の予定の納車が早まり突然の雨に、プリウス納車

6月の納車の予定でしたので、まだアクセサリーを買うのは早いなと考えていたところ、雨の13日、あまり良い日ではありませんが突然の納車になりました。

 

トヨタの方のリース会社の方が来て頂き、30分ほどの説明を聞いた後にめでたく納車になりました。

実はその後に人との待ち合わせがありめでたく差宇社の写真撮影とはいかなかかっtなおで、今日14日に高速道路のサービスエリアでめでたく撮影!

 

自分の車だと思ったより良い色で、とてもお気に入りですが、シルバーグレーの内装はこの季節だとちょっと照り返しがまぶしくて、やはり黒の内装の方が良かったのかと思いましたが、もう少し評価には時間がかかると思います。

 

サービスエリアでの初めての写真撮影!この角度は光が反射して綺麗なスタイルだと思います。あまりこのカラーのプリウスは見かけないので日本で1番多いプリウスの割には目立つかも知れません。

f:id:shiroganesweets:20170614144128j:plain

 

室内はあまり見かけないシルバーグレーでよいのですが、ダッシュボードはもう少し落ち着いた色でも良いかも。。。。シートの白(シルバー?)は良いと思いますね!

でも、デザインは悪くないのですが、自分の目の前に何の計器もないのはちょっと不思議な感じです。

f:id:shiroganesweets:20170614144604j:plain

この角度は悪くないですね!エモーショナルレッドもこの角度を見で見ると良い感じの物が多いです。

f:id:shiroganesweets:20170614144608j:plain

ツーリングセレクションですのでタイヤは17インチの4種類の中では「Yokohama BlueEarthE70」 でした。一応エコタイヤなのでしょうか? 色々なカーメーカーの標準タイヤで使われているようです。

東北道を走っていると、以外とロードノイズを拾い室内に結構ノイズが入ってきますが、エンジンや車から音ではないので、タイヤだと思いますが、高速では他のタイヤも試してみたいですね。

f:id:shiroganesweets:20170614144610j:plain

今まで設定したのは、ヘッドアップディスプレーを自分の視線に合わせる作業でしたが、この設定の変更を探すのに一苦労しました。 HUD というメニューが二つあり困りましたが、約15分で完了!

 

勿論時間を合わせたり、ナビゲーションをセットアップしたりするのは簡単ですので問題はないのですが、プリウスのS 以上に付いている Toyota Safety Sense P の細かい設定とかは初めてですので、まだまだ出来ていません。

 

レーダークルーズコントロールはすでに、1度使ってみました。どこのメーカーも使い方は似ています。BMW でも同じだったのですが、ブレーキを踏むかレバーを引くかでキャンセルされるのですが、いちいちディスプレーを見ないと有効なのか、キャンセルされたのかが分からないので、これはもっと良い方法を考えて頂きたいです。

 

運転したフィーリングはやはりトヨタの車でドイツ車とはフィーリングが全く違いますが、悪いことばかりではないですし、コレか色々書いていこうと思います。

 

カタログにも書いてあるトヨタ86と同じ高さにトヨタのマークが付いているとありますすし、着座位置も従来の30系プリウスより随分低くなったそうですが、私の感覚だと座っている位置は結構、高いポジションだと感じました。

 

ドライビングしたインプレッションは毎日の首都高速、週1回の東北道常磐道のドライビングをしながらメモしていこうと思います

続きを読む